TRカンパニー・店長の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士スピードウエイ、LOC第2戦

<<   作成日時 : 2017/06/23 20:52   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

18日の日曜日、お休みを頂きまして「TRレーシングチーム」として「MCFAJ」のLOC(レジェンドオブクラシック・1972年までのクラシックバイクのレース)とCSSC・OPEN(ハーレーダビッドソンのスポーツスタークラス)に参戦したご報告です。

お天気が持つかどうか心配だった日曜日でしたが、午前中はまずますの天気でワタシのエキパイ騒動(エキパイを留めるリングが割れていて排気漏れを起こしていた)を除いては予選まで順調に進んでおりました。

今回は、笠井くん、三浦さんがハーレーダビッドソンのスポーツスターでCSSCに参戦。

東北より参戦している津軽さん達のサポートも、うちのヘルパーさんたちから割り当ててとサポート要員の割り当ても頭を使います。

困ったときはみんなで助け合うのがクラブマンレースの心髄、と心得ております。


今回ワタシが持ち込んだのは、昨年やはり富士スピードウエイにてフロントドラムが割れてしまった「Rickman Velocette」。

後藤メカの手で本来の純正Rickmanフロントフォークとロッキードのディスクブレーキに交換し、先月行われたサイドウエイトロフィーに出場したマシーンになります。


しかし、ワタシがエントリーした「セニアB(SE.・B)」のカテゴリーとしては1967年以降の500ccとなるので、CB450やCB500と同クラス。

結局シングルエンジンはワタシのマシーンのみ。

8台エントリーしていた内の他の7台は、マルチエンジンのホンダ勢。

性能が違い過ぎる感がしますが、前回のサイドウエイトロフィーで、Rickmannフレームの操縦性の素晴らしさが分かったので、ホームストレッチが1.5kmの長い直線がシングルエンジン車には不利に働く事を承知の上でRickman Velocetteでどこまで戦えるかも興味のあるところ。

画像

ウォーミングアップ場でのエンジン始動時のチェック時に最初に述べた箇所の不具合が見つかり、メカニックスタッフ皆さんで処置してくれます。

画像
画像


前回もそうでしたが、毎度の事ながら良い仕事をしてくれます!

また、周りのチームの方々にも足りない部品やボルトナットをお借りし、これまた毎度の事ながら皆さんに助けられております。

今回TRレーシングチームは私を含めて3台の出場ですので、いつもよりは焦らなくとも良いタイムスケジュール。

わざわざ遠方からかお手伝いに駆け付けて下さった方々のお力のお蔭という事も有りますが。

今回は[LOC]の「セニアB」の次に一つ置いて「CSSC」の笠井くんと三浦さんの予選と言う過密スケジュールで進んでいきます。

ワタシの予選結果は31台中16位、同クラスでは5番目のタイムでした。

やはり、ホンダ勢強し!

まあ、決勝は楽しんで走りましょう〜、とこの時は思っていたのですがね。。。

続くCSSCクラスの予選は、笠井くんがクラス3位、三浦さんはクラス8位と言う順位。

決勝は二人ともどこまでタイムを縮めてくるかが楽しみです!


予選が終わり決勝までのマッタリとした時間ですが、今年からロブノースフレームにトライアンフの3気筒トライデントのレーシングエンジンを積んだ生粋のレーサーを、チーム・オブソリートからエントリーしている駆る十伍くんが何やら慌てた様子で整備中。
画像


チームは違えど仲間同士、コナットさんと後藤メカも整備に参戦し、決勝までにマシーンを仕上げて行きます。

持つべきは良い仲間ですね〜!

傍らではチームオブソリートの総大将土井さんが何やら駆動系の整備をしております。

土井さん、今回も調子良く、同クラスの面々を大きく引き離した素晴らしいタイムを出して、決勝は堂々のポールポジションを獲得しております。

前回のツクバに続き2連勝は目前!

整備に余念が有りません!

そんな方々を視線の隅に置いて「腹が減っては戦は出来ぬ」と決勝前に昼食を取る事にします。
画像

TRレーシングの昼食は、早朝にコンビニで仕入れてくるお握りとパン類、それに毎度の差し入れを持参して応援に駆けつけてくれる谷田さんのケンタッキーフライドチキンと、アイス類にメタボな方の為にハト麦茶。
それと今回は、西川さんご夫婦がスペシャルなランチの差し入れ(画像参照)を持って応援に駆け付けてくれました!
手作りローストビーフにアボガド、ベーコンにロースハムにツナ等、全て奥様が朝4時頃から手作りで拵えて下さった、私達が普段口にしてない食材をふんだんに使い、仕上げはこれまたスペシャルな包装紙を使った手作りの包みで、食する前より涎もののサンドウイッチ!
瞬く間に、みんなの胃袋に消えて行きましたとさ!

さて、皆様からの美味しい差し入れを頂き、お腹もいっぱいになり眠気も増してきたのですが、決勝の時間も近づいてきてパドックは再び賑やかになってきました。

昼過ぎから怪しげな空模様になって来たのですが、3人が出場するレースまでは何とか持ってくれと祈りながら、再びウオームアップ場に行きエンジンを掛けて暖気をします。


画像

暖気場の近くにはランボルギーニが人目を引いて止まっていました。

ワタシも思わず覗きこんでしまいましたね。


暖気も終わり、レーシングスーツに着替えてスタートの受付地点のピットまで車両と共に移動となります。

富士の長い直線の半分くらいを移動するので、老体はそれだけでも疲れてしまいます。
画像


決勝は予選の順位順。

このレースは排気量オープンクラスまでの4クラスが混走となります。

ワタシは6列目のアウト側16番グリッドに着きます。

グリッドに着きエンジンスターターにてエンジンを掛けるのですが、毎度の多賀谷くんがその大役をそつなくこなしてくれます。

彼は人気者なので、色々なチームからエンジンスタートの要請が有るようです。
今回も大忙しのようでした!

エンジンが掛かると、その時点でサポート人間はコースから退去し、フラッグを持ったオフィシャルスターターの方の指示で1周のサイディングラップとなり、1周廻って来てグリッドに着きスタートのシグナルが点灯し、シグナルが全て消えた瞬間にスタートとなります。

1周回って来てグリッドに着く前に、クラッチの遊びの関係で切り難くなっているギアをニュートラルに入れてから停止します。

30秒前が表示され、頃合いを見計らってクラッチを目一杯握りギアをローにシフトします。

直ぐにシグナルが全点灯、そしてすっと消えてスタート!

フルスロットルで駆け抜けるのですが、後方から排気量の大きな数台の車両にパスされて行きます。

アクセルをフルスロットルにして加速しているのですが、どうも予選の時とは明らかに回転の上りが遅く感じます。

1コーナーまでにかなり順位を落としてしまったのですが、1コーナーの進入で2台ほどパスして3コーナーまでの下りコーナーを駆け抜けます。

しかし、やはり加速が明らかに遅く、イメージとほど遠い走りになってしまいます。

それでも、今できる事の最善を尽くし、最後まで走る!と心を奮い立たせアクセルを煽り続けます。

途中、おかしな振動を感じながら走ったのですが、2周目を終えた辺りでメカノイズ音も大きくなり振動も増してきたので、走行を諦める事に。

追突されない様にピットロードまで戻ってきたところでエンジンストールし、ワタシのレースは終了となりました。
画像

お分かりになりますかな。
溶接部より見事に破断しておりました。

次回8月のツクバまでに対策をしなければ。。。

そして直ぐ次のレースは、CSSCの二人が出るレースです。

ワタシはピットロードを永遠にマシンを押して歩いたので疲労困憊でしたが、二人の雄姿を見なければと折れた心を奮い立たせコースまで行ったのですが、カメラを忘れてしまいスマホで撮影するしかなく、直線の速いスピードには対応できない様で、それでも何とか取れた二人の画像がこれです。(小さくてゴメン!)
画像

三浦さんと1200S改
自分ではタイムアップをしたのでは、と思っていたようですが残念ながらコンマ5秒のタイムアップにとどまってしまいましたね。
また次回がんばりましょう〜!

画像

笠井くんと883改

笠井くんは手に汗握るトップ争いをしていて、一時トップに立ったのですが惜しくも2位でフィニッシュ!
タイムも3秒も縮めて表彰台ゲットの快挙!
次回が楽しみですね!

このレースが終了後に今まで持っていた曇り空が、涙雨に変わって来てしまいました。

コースがドライからウエットに!

LOCの次のクラスの方々は生憎のウエットレース。

何台かの方が転倒してしまったようですが、幸い怪我が無いようでした。

次回のMCFAJは8月の20日、筑波サーキットで行われます。

今回各方面よりお手伝いでご来場して下さった方々。
素敵な差し入れを持参して下さった方々。
いつもそつのないサポートをして下さるスタッフの面々。
皆さん無くしては「TRレーシング」は成り立ちません!!!
これからも、愛情あるサポートを宜しくお願い致します!

画像

一番最後まで残って下さった方々と記念撮影でしたが、ここに写って居ない方々に、深く感謝いたします!


























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
富士スピードウエイ、LOC第2戦 TRカンパニー・店長の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる